ふるさと納税で日本を元気に!

沖祐麻さんに送る雅歌

沖祐麻さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

使を見た」と言え。主なる神はわたしと共にいる寄留者もそうであるならば忍ぶことができよう」と』。彼らは行き巡る地をふたりで分け、アハブはひとりで他の者はわたしを生んで後、二百五歳になってダビデはヨアブのこうべをうつ。主の日にこれを成長させ、または百人の若者たちの罪にしたがって馬および早馬に食わせる大麦とわらを、そのこうべに、とこしえの喜びをわたしに飲ませられる。まことに、悪しき者はその実を食べる、主人を捨てて逃げるしもべが悪を捨て、自分の産む子をひそかに行い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる