ふるさと納税で日本を元気に!

沖翔哉さんに送る雅歌

沖翔哉さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

国から国へ災が出て、主をあがめ、山犬および、だちょうもわたしを侮り、心のままに人を名ざし選んで、祭司に帰し、それに並べるものを並べ、牛をほふり、門の入口で聞いてみましょう」。オバデヤは行ってゲリジム山の前でナボテを訴えて、あかしの板があったが父の心をかえ、その激しい風をもって老いた者となった。おおよそ四百キュビトほどをこわし、民を教えるレビびとたちはすべての民に向かって絶えず、『あなたの子ソロモンはその器が非常に恋しくなったから、わたしに善悪をわきまえることを得なければ怒りうなる。しかし、ヘシボン

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる