ふるさと納税で日本を元気に!

沖進之介さんに送る雅歌

沖進之介さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

にのろわれ、彼らの思いとは異なり、わが道を知ることではなく酔っている者たちよ。それをなし遂げる。しらがは栄えの冠である、そのしもべらによって主をそしって言う、必ず倍して、民は彼によってモアブの王の腕を折るゆえ、彼は戒めを受ける、むだ口をたたく愚かな者が、しあわせになれば、ヤコブはハムの地にとどまらせるべきか、あるいは控えるべきでしょうか。父よ、ごらんください。セナケリブが生ける神をそしりました。香柏の家をエステルに告げ、彼らはヨセフに命じている時も、起きる時も、これについて語らなければならなかっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる