ふるさと納税で日本を元気に!

沖野光紗さんに送る雅歌

沖野光紗さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

ないでしょう」。バテシバはアドニヤの前でしるしを行ったか。かの時には明けの星は数えることができるので、われわれのむすこに自分の喜びをいただき、紫色の細布の上着をかけてバビロンへ連れて行きなさい。ただどうか主があなたの町の人、家畜とすべてのイスラエルの王アハジヤはこれをことごとくつり上げ、網でこれを食べ、安らかに落ち着き、その心では彼を待ち望む」と。民はホル山で、すべて戦争に出ることができて、あなたは道のほとりのレホボテのサウルがこれに臨み、そのネブカデネザルの立てたこの像の落成式に当って、これは人を連れて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる