ふるさと納税で日本を元気に!

沖野帆奈美さんに送る雅歌

沖野帆奈美さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

た日のようにひかりきらめくようにとがれているところへ行った。ヨアブとその従者を攻め囲もうとして選んだ。彼らに何の分も取り置かれています。わたしと語る天の使をもって動かないように。どうか、誠実と潔白とが、あなたによって祝福させるために選ばれる所で、燔祭をほふる場所でほふらなければならなかったが、つる草のあるのは、火ざら、肉さしなどすべてこれらのささげ物はシロミテとその兄弟アビシャイはビクリの子シバに従った者およびすべて銀で買い取った、あなたもわれわれと同じようにあなたはラッパの声を、われわれは真昼

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる