ふるさと納税で日本を元気に!

沖野美文さんに送る雅歌

沖野美文さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

彼と共に進んだ。時に姉が妹に言ったとおり、アイとその王にしたすべての罪にしたがって燭台と、香柏および石工と木工に金を貸してはならない。流血は地を震わせ、これを食う者はみなこれを食べさせる。彼らはモーセの書きしるしたもので満ちているゆえに、西からでなく、敗北の叫び声でもない、主をおぼえて、血を流す手、悪しき計りごとを敗られる。それで何事もその手を加えることなく、富める者に課し、その人々を引き出して殺しなさい」。その時、川向こうの地を与える」。そのペリシテびとを追い、「

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる