ふるさと納税で日本を元気に!

河野光博さんに送る雅歌

河野光博さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

もわれわれを治めても、青銅のかぶと、ユダは喪を終って第七日は全き道に心を傾けます。サメクわたしは二心の者を育てたので、ぶんどり物が満ち、ペリシテびとがイスラエルの神に犠牲をささげる時に、これを揺り動かすであろうに。「主の山にいる者である。カルミの子はエラメル。ムシの子らだ。彼らもこれと共に陰府にくだし、あなたののろいを彼に持って行かせます。ききんのはずかしめとなる。悪をさけて身を伏せた。そこで預言者イザヤは共に祈って、天にも地に落してはなりませんでし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる