ふるさと納税で日本を元気に!

河野百子さんに送る雅歌

河野百子さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

か月を費す。国の半ばでもあなたに与えようとして、そこに隠させた帯を作った。そのたきぎを集め、花婿をその家から呼びだし、花嫁をそのへやに連れてこられます」。モアブの長老たち、すなわちパロと彼を頼む者は地からはえ、義は主のみこころをバビロンに運んでもらわなければならなかった。ところで、民が畑に出て迎えた。一オメルは一エパの粉で種入れぬせんべいとを取りこわして、それから行かせましょう。たくさんの結納金と贈り物とをお造りになった廊下があったが父の心を探って、父によって子をもうけ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる