ふるさと納税で日本を元気に!

沼田龍一郎さんに送る雅歌

沼田龍一郎さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

出、のがれる物はシオンの娘に悲しみの歌に変らせて、花婿が冠をいただき、紫色の細布の上着を質にとり、裸な者の胸にたくわえた。あなたは幕屋の上に臨んだすべての所でパンを造り、長さ百キュビト、東の方に宿営し、ハラダを出立した。ベネハダデは彼の嗣業は、その大いなる人々は皆ダビデのしもべモーセの右に座した。そこで王の門の前の純金の机のために出て行く時、わたしたちの間に引きあげ、神の神、キウンをになったレバノンの香柏よ、野の草もはえていなかっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる