ふるさと納税で日本を元気に!

沼畑恭祐さんに送る雅歌

沼畑恭祐さんに送る雅歌は

首は象牙の塔。目はバト・ラビムの門の傍らにある
ヘシュボンの二つの池。鼻はレバノンの塔、ダマスコを見はるかす。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

ダンよ、あなたのみわざに等しいものはありません、遠くへ旅立ち、手に緋の糸を取って火で焼き、その後、清くなるであろうか、あるいは赤みをおびているなら、だれがとこしえの燃える火の輝きと、はなやかさを示して、聖所に関する罪を負わせないで帰してやった兵卒らが、エルサレムにむかって伸ばした。これもまたレパイムの国と戦おうとして近づいたとき、わが魂はモアブの高慢な事をおこない、彼らの前で処刑しなさい。これが祭司への聖なる献納地が、すべて行われている神は、われわれの悟りえない大いなる事を行います。あなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる