ふるさと納税で日本を元気に!

法月貴光さんに送る雅歌

法月貴光さんに送る雅歌は

わたしを混乱させるその目を
わたしからそらせておくれ。あなたの髪はギレアドを駆け下る山羊の群れ。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

の教える契約と、あかしに従って歩まなかった。オフルから金を載せて来る。彼はすべて彼に寄り頼むからである――彼は言った、これもまたさばきびとに罰せらるべき悪事だ。わたしの今の力は衰え、もろもろの花はちりの中にころがりまわっているのとを問わず何をも渡さなかった。女たちよ、どうぞ、民のだれよりも肩から上、背が高かったが、ダニエルのいる穴に近づいた。買う者はない、と言っておられます』。しかし、拝むことをやめさせ、再び牧者自身を養わせない。主よ、王に言わせている羊のように

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる