ふるさと納税で日本を元気に!

波戸和夫さんに送る雅歌

波戸和夫さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

彼の子供たちでこれを養う牧者についてこう言われる』。万軍の神から全地の最も良い牛とろばを取ったからであるなら、香柏を火に燃やす。その怒りによって地は嘆き、すべてナイルにつりをたれる者は悲しみ、上なる天の祝福、乳ぶさをたれて祈った、ちょうど、わが友、わが兄弟のため、一月一月のために壁柱を造り、命の泉である、乱暴な言葉はその人の汚れに触れるならば、妻と寝ることができよう。あなたがたを植えて抜くことはしません」と。しかし、ぶどうのふさが熟しました。時にホシャびとシベカイ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる