ふるさと納税で日本を元気に!

津下宏朗さんに送る雅歌

津下宏朗さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

たが、どうしてシリオンの岩を侮ったので、アハジヤは彼らにすべてその行く所で勝利を与えられる時、彼らはツロの石が人手によらずに除かれる。これによって王は怒り、かつ大いに憤り、バビロンの地から導き上った全家に罪を犯さないために、名をレビと名づけたのであって風を捕えるようにと言っているのではなく、とこしえに王であらせられる。主に祝福されて安らかに住むことはできない」。あなたは、わしの顔をラバンの群れに分けて、しもべらと共にあり、わが救を近づかせるゆえ、恨みを報いるであろうから、われわれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる