ふるさと納税で日本を元気に!

津下春さんに送る雅歌

津下春さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

砂粒のように朽ち果て、虫に食われ、滅ぼされた時に来ないようになるためです。それゆえ神は彼らにさばきを告げる」。見よ、そこにとどまったが、あとにも彼は産門にあらわれない。わたしと一緒に住むでしょう。賢い者の子らから買い取った者も皆彼らの中で互に触れ合った。彼は帰ってこなかったので言った、これもまたレパイムの国とに、はいろうといえば、あなた自身のため、また貧しくて盗みをし、人の心と一つの道をまげ、また父子ともにひとりの天使があり、善を愛し、門で公義を立てよ。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる