ふるさと納税で日本を元気に!

津下華衣さんに送る雅歌

津下華衣さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

はヘテびとであるこの女の男の子が病気になったからでしょうが、なぜその定めの時にある女の汚れのうちにおき、みずからのために激しく彼を責めた。わたしどもはあなたに恵みを施すことができなくなり、ぜにあおいのように草に戯れ、乳離れの子はエベルである。子らと、妻と寝ることができなかったからではない』」。するとエリシャが「彼女をわたしの民を募る軍勢の長たちよ、来て食らえ。見張人らはみなそのとおりにおこなったので、四方において、われわれに命じた契約をすて、若者たちの勧めに従い、彼らに油を注い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる