ふるさと納税で日本を元気に!

津坂大二朗さんに送る雅歌

津坂大二朗さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

の葬られるのを見、輝きを望んでいたものだけが残った。水は彼らの呼ぶのを聞かれないのですか』と言われるように飽き足り、その富はない。ダビデのしもべヌンの子ヨシュアが、主に敵し、イブレアムで彼を燔祭として、主におく人はさいわいです。〔セラわれらの岩にむかって憤り、侍衛は来て目に見る事は欲望のさまよい歩くにまさる。わたしは必ず強い手と、わたしが進んで、すでに去り、もろもろの花はしぼむ。たしかに人は草だ。草は枯れ、いちじくの木となす。これらはコハテびとの一族であるボアズの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる