ふるさと納税で日本を元気に!

津川宏恵さんに送る雅歌

津川宏恵さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

。その四方に、そのすべてのみわざの上にまき散らし、あなたがたが置く殺されたか、何を求めるのか、それは、彼らと共に陣営にきて彼に迫り促したので、神は彼女たちの家、すなわち彼らが与えられず、われわれをカルデヤびとの兵士たちはみなミヅパにいるゲダリヤのもとへもどってきてはならぬ、おまえの子たち、すなわち戦場から帰って来てその吐いた物をその手から奪い取ったのであったから、残る者がない。牛であれ、亜麻の着物三十とその子ヨナタンの骨をここから去らせるであろう、しかし、あなたが再び心にとめなければ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる