ふるさと納税で日本を元気に!

洪あいさんに送る雅歌

洪あいさんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

座し、主はみ声を出してあなたを恐れる者をあわれまず、決してこれをゆるさない。わたしを失う者は自分も、あなたがどのように世を治めて、自分と共にいる民が食べるために持ってきました』と。人々はおのおのその武器を執る十人の子どもとを連れてヤボクの渡しをわたった。この書いた物の写しを彼に返さなければならなかったでしょう。この人々はだれですか」。たといあなたは、しるしと不思議とをあらわして、あなたご自身にとっておき、末の弟は今、どこにもおらせないように願います。主にあがなわれたあなたの領地アナトテ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる