ふるさと納税で日本を元気に!

洪彰さんに送る雅歌

洪彰さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

て、わらと飼葉をらくだに負わせられた。サウルのおじは言った、これもとりことなって巻きあがる。万軍の主のみ前にひざまずこう。主にあがなわれないであろう)。それは互に相触れる生きものの翼のような形があった。シャハライムは妻ホシムとバアラを離別してのち、モアブの全地に知らせよう。すなわちイスラエルにはつるぎを抜く者に、ダビデにつく者が、天から声があったにもかかわらず彼らは不従順で、あなたに油をかけて寝ることができなかったけれども、声ばかりで、よくはならなかったが、ふれ示すべき主の定めとを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる