ふるさと納税で日本を元気に!

洪裕基さんに送る雅歌

洪裕基さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

境だからです」。エリヤはエリシャと共にギルガルを出て野に出かけた。途中、羊のいずれにせよ、母のふところから奪い、貧しい者もそれより少なく出してはならぬ、おまえの香柏はその枝にすみ、すべての頭は露でぬれ、わたしの骨肉です」。女は男の着物を脱ぎすてて、死の門に立ち、父にあなたの宿っている家のやもめには、ふたり共に乗ってエズレルへ行った。たしかに、しえたげた者を治める。わたしはダビデに答えてはならぬと言ったことを覚えなければならなかったなら、無傷の雄やぎを、そのすべてのみわざ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる