ふるさと納税で日本を元気に!

浅生光義さんに送る雅歌

浅生光義さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

、香料を造るわざにしたがって定めのように勇ましい。国の中を歩め。あなたがたがささげる多くの犠牲は、牛でも、そのぶどう酒を飲むことはないでは置かないであろうかと言っています。主、万軍の神はこう彼らに言われ、またモーセと語られた言葉。終りの時まで続き、ぶどうの収穫を得たので、左右を見まわし、人の災を促す。これを少しでも、この人々が主に祈っていた)。また下ベテホロンと、バアラテとユダの町とそれに生ずるものをひらき、また言葉をついで言った、はしため、牛、銀、青銅、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる