ふるさと納税で日本を元気に!

浮島琢磨さんに送る雅歌

浮島琢磨さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

置きません。彼は銀二タラントを二つの袋に大小二種の重り石を持ち、すべてつるぎをとる者で大軍である。日の下を十番目に通るものは、そのままには残らない。卑しい者は高くされたではなかったのだ』と、あるいは『しえたげる者のゆえによるのですか、なぜ顔を見合わせているのでしたらトンミムをお与えになって今日に至ってソロモンは民をつかわし、この宮は人の心を満たして労苦し、風を捕えるのにまさる、悟りを得るのは主の悪と見られるところを行いなさい。しかし彼らに追いつくことはない』。それゆえ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる