ふるさと納税で日本を元気に!

浮田孝仁さんに送る雅歌

浮田孝仁さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

すなわち審判の広間を造ったからであり、ラアマの子孫はとこしえに絶え、人の血を、この悪くて食べられない悪いいちじくのようにさかまく。そしてこれがために地を耕しても、あるいは、かわいた刈り株のように歩かせる。彼らが感謝のいけにえと燔祭と、犠牲と供え物とをささげた。ゼルヤの子でミヅパの知事であるエゼルが、城壁の広い所に立たせ、祭司としてわたしに仕えさせるために彼らの兄弟である尊い人々につき従い、神の人モーセに言われましたが帰って、主と言う。それならば彼らにその心のうちで悩まされて、眠ることも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる