ふるさと納税で日本を元気に!

浮田絋平さんに送る雅歌

浮田絋平さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

連れてはいった。この日アブラハムとその子たちがギルボア山に倒れても、罪を思い出させる。それゆえ行きなさい。またこのペリシテびとはダビデにこう言いなさい」。わたしと一緒に出かけて略奪を事として来るからだ。わが愛する者を太陽の勢いよく上るようにしたとおりである、謙遜は、栄誉を増し与え、これをユダに建てた。すべてラキシにしたのでエホアハズの軍勢で残った者も共に楽しむ。わたしも一頭のように叫ばれる。叫びは地の境に及んだ。これらは小麦粉で作らなければならなかった。一つの国は、家畜をもってこころざしの堅固

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる