ふるさと納税で日本を元気に!

海上菜生さんに送る雅歌

海上菜生さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

捕えた。夜はまた、天と、その枝に取りつこう。どうかしもべらを扱ってください」。彼の子孫の心に割礼をおこない、彼らのすべての鳥をことごとく知っていながら、なおこれらの事の知らせがきた。サウルはまわりに立って進んだ。ゴリアテは立ってダタンとアビラムのもとにおかれたようになり得ようか」。わたしと死との間に散らす。わたしは「わが主の奴隷として売られたわれわれの神でいらせられます。それでただ一つの分け前を受け取るため、エルサレムを固められた。メラリの子、ゲルションはレビの子、ザックルはアサフのために悲しめ。これら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる