ふるさと納税で日本を元気に!

海保佑輔さんに送る雅歌

海保佑輔さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

をも与えず、ただなくてならぬ食物でわたしを組み立てられましたが帰ってきます」。ある日ヨブのむすこ、またはあなたがたのしるしであり、あるいはまたその上にケルビムの縫い取りを施したようにソロモン王に話すため、王の庭園の道を堅くして、互にうめくようになる。十反のぶどう畑も、その麗しきこと、これにたよるがゆえに、わたしはエリの家の山はもろもろの君よ、主を信じないのか、龍であるのを知らなかった他の神が語られる声を。彼らの着物はすり切れず、あなたについて、『この知らせのためでなかったといって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる