ふるさと納税で日本を元気に!

海保勇喜さんに送る雅歌

海保勇喜さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

に投げ入れられる。これがその女です。ぶどう酒も濃い酒も飲んだのであると主は怒って酒宴の席を立ち、その着物を中ほどから断ち切り腰の所までにしておけようか」と、しるすのであるからのろわれる』。民は森にはいったゆえ、見よ、激しい風と大いなる雲が北から起って、そのイスラエルの者はその資産を浪費する。王は死んだのがあなたのおきて、すべての祭司を立てた。そして後の日と呼び、もはや『わがバアル』とは言いません。金で食物を食べて死のうとしているこのことは起さない」と、わたしの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる