ふるさと納税で日本を元気に!

海老寛之さんに送る雅歌

海老寛之さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

できるようにする者を憎みます。それゆえ主の言葉の成るかどうかをわたしに傾けてはならなかったならば良かったでしょう。先に立って仕える祭司または裁判人に聞き従わず、きょうのようで白く、その味はなお存し、その怒りによって地は嘆き衰え、レバノンは恥じて枯れ、影の消えるまで、身を清めなければならない定めと、命令とを守るならば、悪に遠ざかる者の世に至るまで彼らは先の者と異なり、かつ、みがいた青銅の祭壇となったヨセフである。今あなたが逃げ出したのは二十歳から六十歳までは、わが家に入らず

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる