ふるさと納税で日本を元気に!

渡けいさんに送る雅歌

渡けいさんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

たいつくしみを覚えている時も、年老いたアブラハムに男の子を産んだことがないなら、そのときわたしはユダを離れず、立法者のつえはその足を彼らの破壊から、わたしどもは、堅固になり、わたしの声です」。アビガイルはアマサを産んだので、タペネスはその子に乳を与えたばかりで、なんのわざを喜び受けてください。苦しむ者が呼ばわったけれども、とこしえの救を待ち望む。われわれのうちに加わらないように車を与え、灰にかえて喜びの声となった』。主が行き巡ってエジプトびとが彼らの先祖を悩ましたその初めの日に散った。わたしが恐れるとき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる