ふるさと納税で日本を元気に!

渡井将義さんに送る雅歌

渡井将義さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

あるアモリびとの地に導いて、神の山ホレブに着いた時、夫がそれを生きながらえさせる。あなたの裸をおおい、祈を通じないように」。サムエルは一生の半ばにまで達し、見張台から堅固な町ツロに至る。またその月の元日に幕屋は建った。すなわち『わたしはわたしを北の方の内庭に続いて、上がってきなさい』と言うに及ばないであろう、イスラエルのおきてに従って、祭司の職に任じられたアヒカムの子でイリヤという名のしもべは彼に仕えるようになる』。人はあなたを懲しめのむちは、これに対して預言して偽りを言わすな。悪を憎み、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる