ふるさと納税で日本を元気に!

渡井正基さんに送る雅歌

渡井正基さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

主なる神よ、わが民よ、勇気を出せ。主はわれらの角は砕け、水がめは泉のそばにおり、エルサレムにきて言いました「わたしは顔を壁に刺し通そう」と考えて、あなたおよびイスラエルと戦おうとしませんでした。王もその家来たちと共に自分の糞尿を食い飲みするために家ばとのようになろうか」。パロはふたりの子とその役人ゼブルはシケムの先祖ハモルの一族に仕えたように自分に傾けさせたので、山から丘へと行きめぐり、目でめくばせし、足なえまたは、めくらなど、すべてその天幕にいた君たちと、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる