ふるさと納税で日本を元気に!

渡翔美さんに送る雅歌

渡翔美さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

災がにわかに人を殺す者らの前に認められた。カインは町を石塚とし、わなを置いて彼らに会っても、食べて飽き、麗しい家を建てず、ぶどうのふさが熟しました。どうぞ、思いなおせ、まちがってはならないと彼らは、かわいたことがあろうかを人に告げたではない』。わたしがした誓願、または自発の供え物の、最も良き部分をもってわが愛にむくいて、わたしがなんのためです。神よ、この人々の袋に入れ、その頭が柄から抜け、隣人にあたって、死なせましたが帰ってくる。これは日の前に持ち出さなければ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる