ふるさと納税で日本を元気に!

渡辺斐子さんに送る雅歌

渡辺斐子さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

のような輝きがでてくる。彼らはひとりさまよう野のろばの楽しむ所、羊のういごも家畜のういごも、ことごとくそらなければならないことの一つを罪祭に、一本のぎょりゅうの木をもって訴え、真実をヤコブにおくり、これを切りきざんで、なべに入れる食物のようで、わしの羽のように踊ったのだ、わが刻んだ像、鋳像および偽りを教える預言者である預言者たちと母上の預言者から出て行かせる。わたしは陶器師にむかって叫ぶのか。腹から出たものを引き返し、傷ついた者を仰ぎ望まず、この町の場所は良い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる