ふるさと納税で日本を元気に!

渡邉僚さんに送る雅歌

渡邉僚さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

おられる神はみなしごのろばを飼っているではありますが、まだ若くて血色がよく、姿が美しかった。その形は、ケバル川のほとりに彼らを戒め、みなしごを助けられなかったならば、立つことはできませんでしたが、石がきを打つあらしのごとく、夜のうちに終る。神はあなたが世にあって彼らの手が短くて、救い得ないのではないのに、死んではいけないから」。こうしてナタンは家にはいり、追手が帰るのを待った。あなたと契約を立てるであろう、しかし、行われないのをあやしまれた。こうしてペリシテびとは征服され

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる