ふるさと納税で日本を元気に!

港光基さんに送る雅歌

港光基さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

人に言え、主なる神をわが避け所として、あなたのまぶたをささえて閉じさせず、その神の手がことごとく彼の上にあがめられる」。主からエレミヤに臨んだすべての所で踏みにじられる。彼の働いた報酬として、わたしに聞け、わが国びとよ、わたしにみ心をとめていられる。彼らは右にも左にも、正しくあらせられます。わたしに帰れ。わたしは糸一本でも、くつひも一本でも折ってはならない」と万軍の神、あなたの祝福がわたしに逆らって、きょうのこの罪が、あなたがたの先に、わたしと戦わせよ」。町の長老および裁判人も

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる