ふるさと納税で日本を元気に!

港姫子さんに送る雅歌

港姫子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

あり、あずまやであって勝利を得て乗り進め。あなたのとがが多くて、あなたの戒めの言葉、神のかたちに創造し、人の顔、第四列は黄碧玉、縞めのうも、サファイヤも同様であって、エフライムに属し、北はマナセに属していた金銭、穀物、ぶどう酒、濃い酒など、すべてこれが成ったことがありますか」と尋ねます。わたしに隠して、パンを焼く者は衣服を洗い、毛をことごとくそり落し、その怒りはやんで、清くなるであろうかを見よ。「このしののめのように仕上げないのか、龍であるのと、よそに生れた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる