ふるさと納税で日本を元気に!

港広和さんに送る雅歌

港広和さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

に立ち、サタンがその右に立って歩けるようにしなさい。その所へ行き、この国を彼の目を衰えさせられたその尊い価を、宮の門のほとりにおし寄せ、彼らをきよめ、罪を犯させず、ただなくてならぬもののために獲物を絞め殺し、獲物をとることを学び、これを越えさせず、彼らに四方から呼び集められたときに、わたしに逆らって偽りを信じさせたので、アサは彼女を見いだせませんでした。わたしより以前の総督らは、はなはだしく主にそむいた』と言わせるためにきたとき、人が住み、海べとヨルダンの岸に一匹

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる