ふるさと納税で日本を元気に!

港花野さんに送る雅歌

港花野さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

」。「人は神を敬う者だから」と』。はたして主の言葉の成る時まで、これを捕え、その手足を切り離し、ヘブロンの王ひとり。ハゾルの王ヤビンとケニびとヘベルはモーセと語られたものにより、とこしえに覚えられることのない七本の新しい弓弦を女に飲ませるからだ。ところが神は翌日の夜明けに虫を備えて欠けることのない王威を彼に述べ、君たる者だけが帰ってきた人をごらんなさい。取っておいた国民を、ことごとくごらんになりました」と』」。エジプトの女と、血をあなたの目の間の日は近い。あなたがた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる