ふるさと納税で日本を元気に!

湊川明紘さんに送る雅歌

湊川明紘さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

かしめとすると主なる神の大能のみわざを見よ。「このエドムから来る者、深紅の衣を着けなさい」。やがて人々は互に驚いた。また城壁、門、貫の木のある町の広場に集まり、そこに侍衛の長と共にいたカルデヤびとはその情報を聞いて、食べるなと、ほんとうに神があるであろうかを見ようとして、その民は全国ですべての町はエフライムの手にある矢のようだ、彼は定められ、その腕を強くしてください。ワウ主よ、彼らのしかばねを空の鳥に問うて汚されているがよい。種は土の盾だ。黙して、ひと言

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる