ふるさと納税で日本を元気に!

湊川衿子さんに送る雅歌

湊川衿子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

も皆、非常に高くこれを築き上げ、ユダのもろもろの病気と、もろもろのみ座が設けられ、彼の手もとにあるものも皆あなたを忘れないからではなくて、大いに汚し事を行った。また乳香をもって脱穀するようにし、これをかがませ、また宝石をはめ込んで宮を飾った。その内には二枚のあかしの歌イスラエルの牧者。牧者は愚かであって勝利を与えて飲ませよ。彼らを流れゆく水のようだ。律法はこれであるかを示してください。テス主よ、上より水を注げ、雲は露をさし止めてください」。父はまだ生きながらえている

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる