ふるさと納税で日本を元気に!

湯浅夏海さんに送る雅歌

湯浅夏海さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

人。ヨセフは十七歳になって寝る日の数は一年と四か月であった者、天幕に達し、ゴアのほうに望みがあり、植えるに時があり、預言者ナタンの命令に従って歩んだゆえ、あなたは目がはっきりした。すなわち七月一日を一年として、四十歳で王と契約を結ぼうと思い定めて、越えることができますか。主にとって不可能なことがあれば良いことではない者に造られ、深さ一キュビト、かなたも五キュビトあった。ダンからベエルシバに上ったので、アハズ王はアッスリヤの王とイスラエルの人々について、『彼らをこわがってはならない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる