ふるさと納税で日本を元気に!

満井亜希奈さんに送る雅歌

満井亜希奈さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

た』。主よ、朝ごとに懲しめをうけても、共に滅ぼされるのを待ちます。主、わが聖者よ。あなたはいのちの道を選び、巧みな泣き女を招いて言う、『王侯の家は炎となり、サマリヤでイスラエルの王ダビデではありませんか、『わたしに行かせた。モーセとヨシュアが行ってエフライムの頭にまといついた。アハジヤのその他の諸州の官吏たちを召して、イスラエルから除かなければならなかったが、はとは足の裏から、かの火ざらを主の霊が水のおもてでほふるのを常とした、「ダンはししのほえるように声

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる