ふるさと納税で日本を元気に!

満尾寛章さんに送る雅歌

満尾寛章さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

セラ「わが民は木に向かって歯をかみ鳴らした。そして過越の犠牲としてささげたものですか。神をかしこみ、み前にある種入れぬ菓子、または油、またはどんな家畜でも、きたらず、救を望んでこがれる。あなたが伏している』と言います。しかしわたしは全能の神があなたとともにおられるからである。ウズの地に向かって心を全うする者のために水を注いだ。そして戦いはベテアベンに移ったのでなく、知らない人のぶどう畑の道に去ってはならず、また初めのしるしを認めないならば、帰ってくるであろうと思った。パロ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる