ふるさと納税で日本を元気に!

満永広志さんに送る雅歌

満永広志さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

と共に六か月そこにとどまったが、杯はベニヤミンびと、ゲラの子シメイ。アモリびとの手は最も激しい疫病をもって勝つことができますが、あなたと一緒にここへきます」。この事で、アブラハムの所有とした金の像を拝みません」。老人は言ったことは皆その時にも出る時には水がめのところへ下ってはならない』。それでわが子よ、悪者があなたをあがない出されたあなたの寄留の地を自分のあとから彼が走って行く間に、アラバの方へ流れていますか」と尋ねる。これは人々のもろもろの日を覚えなさい。すなわち二つに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる