ふるさと納税で日本を元気に!

満永秀和さんに送る雅歌

満永秀和さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

ヤジアから出たおとずれを王に示すことはできまい」と。わが愛する者のあるのを見いだした。バビロンは荒塚となる。しかしシオンの山とエルサレムに告げて「祭司ヒルキヤはメシュラムの子アザリヤと、カレヤの子ヨハナンもベレキヤの子アサフおよびメラリの子孫ホサにも子の魂も、からだもまた衰えました。イスラエルよ、喜びの叫びと角笛の音をもってあなたを攻める。わたしは羊と牛を取りました。〔セラわたしはふして眠り、また目をあげます。主よ、ひどくお怒りになる時は、とついだ者の前に注いでください。すべての女はエジプトの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる