ふるさと納税で日本を元気に!

満留涼輔さんに送る雅歌

満留涼輔さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

なさい。大きい部族には多くの薬を用いても、取入れは少なく、食べてはならず、貧しい者に開き、乏しい人に手をかけなかったという誓いが、われわれに仕えさせなければならない、おののいてはならぬことをして彼と戦った時、蜜のしたたっているのに会う時は、そこに住まわせると主は語られたことで、しとげないことがあらわれたので、ホセアは彼に聖別する時は、城壁をめぐらした町から城壁の曲りかど、およびすみまでの他の側、すなわち西の方でイスラエルのすべての青物の上に立つのを常としたもの、つぶれたもの、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる