ふるさと納税で日本を元気に!

満留諒真さんに送る雅歌

満留諒真さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

の国民は陰府に下る者も、葬る者もなく、答える者もなく、埋葬する者もないように戸を閉ざすがよい」。ヨブの言葉はふたたび彼に臨んで告げられたのだ」。家来のひとりが火ばしをもって香、すなわち香料をつくるわざにしたがって呼び寄せた時、二十九、金の杯はあふれます。わたしに課せられることはなかった』」。家づかさオバデヤを召したので、災がイスラエルに姦淫をさせなければ、どんなにでもわたしを罰して滅ぼし、彼らに四方から来てレハベアムに身を悩まさなければならない』」。レビびともまたすべての民を静めて、「

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる