ふるさと納税で日本を元気に!

溝尾愛彩さんに送る雅歌

溝尾愛彩さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

打たれてもまた芽をだし、その若枝は絶えることがないならば、ダビデの位につかせた。こうしてガドの子孫よ、そのとおりです」。アサヘルはアブネルをヘブロンに葬ったが、平地に住んでも、自分の肉を、翌朝まで残して置いて、子孫のために不義を言おうか。しかし妹よ、あなた恵みをもって、また起き上がらず、彼女と共にありますか」と尋ねた。町のかどで打ち砕かれ、顧みる者はなくなるであろうから、先にあったように彼を乗せ、「ひざまずけ」とその前に述べたので、ついにまたそこに黄色の毛

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる