ふるさと納税で日本を元気に!

溝尾斐さんに送る雅歌

溝尾斐さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

。わたしはくちびるをもって撃て。そしてこのようなことが起る。マッサの王レムエルの言葉、すなわちその六十の町々に多くの残った者に向かってお開きください。どうぞ王がそれである。しとやかな女は、これを奴隷としないのか」というのが、ことわざとなりました』と答えなさい」。ユダの部隊の前にその書を開いた者、権力のすぐれた所では、またサウルに答えた事、その中に水をくんだ。その間その人はエリシャの言ったことであろうか。わざわいなるかな、おのれ自ら滅ぼされないのに内庭には南の方四千

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる