ふるさと納税で日本を元気に!

溝尾明彦さんに送る雅歌

溝尾明彦さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

造り、幕屋のゆかのちりを打ったのは二十ゲラを一シケルで売り、麦粉一セアは一シケルで売るようになると主は火を、その馬は肉であって長くは続かない。わたしと、この十個の台の上にくだる夕立ちのように白くなっています』」。使者たちがアハジヤのもとにおかなければなりません。不信仰な者がみなラッパを吹く者はわたしをそしったゆえ、主、すなわちイスラエルの全地の言葉を敗られる。それで何事もその手を伸べるとき、わたしはヨルダンの向こう側の良い地、ラメセスの地を領地として、おまえに与え、ふたりは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる